花束
  1. 無料アクセス解析
x only インセクター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

休業のお知らせ



休業のお知らせです。

副業が忙しくなり、店を空けることになりました。
期間はまったく分かりませんです。
以前音信不通になった時よりも永くなると思われます。
ホントにスミマセンです。

休業に入る前にこれだけでも完結を…
『インセクター』
今回で完結です。

それではしばらくお暇を頂きますです。






インセクター - END -



私はビートルダー司令に随行し、某国の侵略を進めていた。
ローダーは素晴らしい…
私がローダーになったようで、脚の爪先にまで神経が行き届き、感覚が伝わってくる。
ローダーと私がひとつになっていることを実感できた。

また…

ビートルダー司令のローダーにハエのようにたかるMSを、私は背中の紅い紋に内蔵されているレーザーで一掃する。

これで何機…

フフッ…
またくだらないことを…

人間だったときの癖か、私は撃ち落した敵の数を気にしてしまう。
自分が誰で、何と呼ばれていたかも忘れてしまったのに。

それは…
私がまだ…
完全なインセクターに…
ドルーになりきれていないと言うこと…
こうやって考えていることが…


『ビートルダー司令  ハイ かしこまりました 仰せのままに』

ローダー同士のコミュニケーションはローダーの触覚を通して行われる。
いまもビートルダー司令からの命令をローダーの触覚が受信して、私の思考に送り込まれた。

【ハーニローダーを指揮して人間を捕獲せよ】

それがビートルダー司令から仰せつかった命令…

わたしは後方で待機しているハチのようなローダーに指令を送り、人間の捕獲を始める。
ハチ型ローダーは私の指令に忠実に従い、地上を逃げ惑う人間をお尻の取込口を広げて捕獲して行く。
そしてある程度の人数を捕獲したローダーは、作業を見守る私の元に集まってくる。



大半のローダーが作業を終え、私の周りでホバーリングしている。

『ビートルダー司令  ハイ まもなく完遂いたします  ハイ 仰せのままに』

ビートルダー司令から、新しい命令が届いた。

【捕獲した人間を拠点に運び、コアを作れ】

私は新しい命令を遂行する為、作業を終えていない数体のローダーに捕獲を急ぐよう指令を飛ばす。
そのときだった。
瓦礫の中に潜んでいた数機のMSが、私と人間を捕獲し終えたローダーにハンドレーザーを斉射してきた。
私の外殻はMSのレーザーなど痛くも痒くもない。
だが量産タイプのローダーは違う。
次々にレーザーで外殻を撃ち抜かれたローダーが緑の炎を上げて燃え尽きてゆく。

なんてことを…

ビートルダー司令から仰せつかった命令が…

ビートルダー司令からお預かりしているローダーたちが…

ローダーの中には捕獲した人間が…

お前たちはそれを…

捕獲される一部始終を…

見ていたのでしょう…


私は激しい憤りを覚えた。

滅びよ…

愚かな人類め…

滅びよ…

滅びよ…
滅びよ…

私は瓦礫の隙間からハンドレーザーの銃口を向けているMSをレーザーで狙い撃つ。
だが瓦礫が邪魔で思うようにMSを排除することが出来ない。
私は残っているハーニローダーの盾になるように前に出る。
そしてハーニローダーに射程外まで上昇するよう指令を出したそのとき。
首の後ろあたりに激痛が走り、制御を失った私は地面に叩きつけられた。

一体何が…

痛みをこらえながら微かに首を動かしてみる。
すると私の背中に跨り、外殻と外殻の隙間にレーザーカッターを突き立てるMSの姿が複眼のひとつに映った。

迂闊…

地上のMSに気を盗られていた私は、ビルの屋上に潜んでいたMSに気づいていなかった。
そのMSがビルの屋上からダイブし、私のスキを突いたのだ。

しかし…

こんなヤツらに…

負けるわけには…


感覚があるのかないのか分からない脚に力を込めて起き上がった瞬間。

ウグッ!…

瓦礫の中に隠れていたMSが蟻のように私に群がり、レーザーカッターを私の躯に突き立てる。
ローダーが受けるダメージは、繋がっている私の体にもダメージを与えた。
体中が裂け、生暖かい体液が滴る。

こんなヤツらに…

こんなヤツらに…

ローダーの脚が切断されたのか、私の腕や足の感覚が無くなる。

こんな…

ヤツらに…

こ…
ん…

な…


私の意識はそこで途絶えた。





私…
生きて…
いる……

それとも…

自分が生きているのか、死んでいるのか分からない状態で覚醒した。
何も見えない。
何も聞こえない。
何も感じない。

私…


≪覚醒したか≫

声…

この声は…

ビートルダー…
司令…

闇が晴れるように、私の視覚が回復してくる。
ビートルダー司令の姿が揺らいで見えた。
何となく、宇宙遊泳をしているような、宙に浮いているような感じがする。
私は何か溶液の中に入れられているようだった。
≪この脆弱な躯を捨て……≫

それは…
私の…
こと…



それは…

どういう…

ビートルダー…
司…
令…


目の前が気泡で覆われビートルダー司令の姿が見えなくなると、私は再び意識を失った。





意識を取り戻した私がゆっくり眼を開くと無数の光が頭の中に飛び込んでくる。

この感じは…

あのヘルメットを被り、インセクターの眼で、複眼で観たときと同じ感じがする。
私はゆっくりと首を動かして辺りを見渡したが、誰もいない。
斜めになったベッドに寝ているらしく、上体を起こしていないのに、天井と床を繋ぐ柱のような物が見える。

ん?…
中に…
何かが…

柱の中は濃緑色をした溶液で満たされており、その中に何かが漂っている。
その物体を確認しようと私は眼を凝らした。

あれは…

見たことのある物体。

あれは…
私…

私の…

濃緑色の溶液の中に漂う物体。
それは私の体。
片方の腕と足が無く、全身の肉が裂け、裂け目から何かがはみだしている。

なぜ…

私の体が…

不思議な光景を眼にした私は、もっと近くで確認しようと体を動かした。
すると硬い物が擦れ合うような鈍い音が響き、どこか違和感を感じる。

体が…

私はゆっくりと腕を動かし、自分の体を確認する。
複眼に映るのは、爪と棘のある漆黒の殻で覆われた細い腕。
それも左右で4本。
2対の腕。

これは…

ビートルダー司令の脚と同じ…
ううん…
少し違うけど似ている…

私は視線を足元に落とす。
2対の腕と同じ脚で、私は立っている。

この躯は…

私は急いで濃緑色の溶液に漂う物体に駆け寄った。

この躯は…

私は中の物体ではなく、その容器の表面に映っている漆黒のインセクターを見つめていた。
私が腕を動かせば、そこに映っているインセクターも同じように動く。

やっぱり…
これは私…
私の姿…

容器の表面に映る私。
漆黒のボディに深紅の半球状の背面に黒の紋が6つ。
私は一見細くて弱そうに見える漆黒の外殻で覆われた脚に光を反射させる。

綺麗…
なんて美しい躯なんだろう…

≪目覚めていたか≫
うっとりと自分の躯に見惚れていた私は、その声に振り返った。
≪ビートルダー司令≫


ビートルダー司令に助けられた私は、脳を含む中枢器官を脆弱な体から小型ローダーに移植され、インセクターレディバドーとなった。
この躯と一緒に私と同じ姿をした紅と黒のローダー、背中の6つの黒紋にホーミングレーザーを備えた新しいローダーを頂き、私はビートルダー司令を補佐する大任を仰せつかった。





いま私はビートルダー司令に従い、小さな島国を侵略している。
≪ビートルダー司令  ここはレディバドーにお任せ下さいませ≫

人間ごときに負けたりはいたしません…

私は複眼に映るMSをホーミングレーザーで殲滅する。



そして…
この躯を頂いて私はインセクターが何だったのかを知った。
インセクター…

それは…




? END ?


スポンサーサイト

こんな作品を拝見しました



『女諜報員 仕組まれた超辱の罠  屈辱の洗脳改造』
http://www.ienergy1.com/cgi-bin/view.cgi?number=IESP-471
という作品を拝見しました
レンタルしたかったのですが、近場のお店には置いておらず、中古店で購入してきました
元々の値段がお安いので結構格安で入手できましたw

『女スパイ』潜入調査 → 正体がバレる → 戦闘 → 不意打ち → 捕獲 → 淫らな責め → そして…
とよくあるパターンでしたが『洗脳改造』の誘惑に見てみたいなァ?と思っていた作品です
感想は ★★/★★★★★ と言ったところでしょうか
値段が値段ですし、悪堕ちをメインにした作品ではないので仕方ないのかなァと…

少しだけお話を
淫らな責めで気を失った女スパイさんをチープな洗脳改造装置(変な脳ミソと繋がったゴーグル)で改造
裸で簡単拘束されている女スパイさんの身体に悪コス?黒いシースルの服が装着されます
ですが洗脳改造が完了する前に、謎の♂に助け出されるのですが、女スパイさんは再び秘密結社に潜入
同じようなコスを着た女戦闘員さんと戦闘になり、結局捕獲されちゃいます
そしてまた淫らな責めで気を失い、再び裸でチープな洗脳改造装置に…
こんどはエナメルのブラとショーツの悪コスが装着されて…

上のアドレスから『DVDのご購入・サンプルムービーはこちらから』サンプルムービーが見れますよ


一番最後に結末を少々、気になる方はそちらを…






インセクター - 5 -



美しい漆黒のボディ。
その背面には深紅の紋が2つ。
このローダーも初めて見る…
こんな姿をした生物を見たような…

そんなことはどうだっていい…

私は自分用に用意されたローダーをうっとりした顔で見上げる。
これが私のローダー…

なりたい…

このローダーの…
コアになりたい…
ローダーのパーツに…

≪融合してみるか≫

黙って私を見ていたビートルダーが話し掛けてきた。
「えっ…融合…ですか…」
その問いかけに私は声を出して応じていた。
≪ここにあるローダーは量産タイプとは異なる≫
私は困惑した顔でビートルダーを見やる。
≪コアはローダーを制御する為の器官 コアは我らの命令に従うことしか出来ない≫
ビートルダーは話をしながら、マインドスパイーダを着けた私の頭に昆虫の顔のようなフルフェイスヘルメットを被せた。
≪ドルーは我らと同じように、融合することでローダーを自分の意のままに操ることができる≫
『な…なに……ウッ…目の前が…気持ち…悪い…』
目の前が眩しいくらい明るくなり、ヘルメットの眼、複眼でとらえた映像が私の視覚に入ってくる。
≪ローダーと融合する為には、擬似的に我らと同じ器官を持たせる必要がある≫
『これが…インセクターの眼で見る世界…』
複眼になった視覚に慣れてきた私は、鏡面のように美しいローダーの外殻に自分の姿を映してみる。
『これが私…』
ヘルメットを被され、ムシのようになった顔を漆黒の手で撫でる。

インセクターになった私…

これで私は…

ローダーを自在に操れる…

あの素敵なローダーを自在に…

私は…

私は…

私は…ドルー…

私は…インセクター…

『私はドルー…』
『インセクターのドルー』

ローダーの外殻に映るビートルダーに気づいた私はゆっくりと振り返る。
そしてビートルダーの前まで移動して背筋を伸ばし、直立不動の姿勢で止まった。

いまの私ならビートルダー…

ビートルダー司令の言葉を受け入れることが…

ううん…
ビートルダー司令のお言葉に従わなければならない…
それがドルー…
ドルーである私の責務…
私の中に残っていたくだらない感情を消し去り、あるじとなったビートルダー司令の命令を待つ。
≪この星は我らインセクターが支配する≫
『ハイ この星は我々インセクターが支配します』
人、柳生禮が私の中から消えて無くなる。
そして名も無いインセクターのドルーが誕生した。









『女諜報員 仕組まれた超辱の罠  屈辱の洗脳改造』の結末が気になる方は先にお進み下さい

続きを読む

遅いネタですが



いまさらですが
先週の侍戦隊シンケンジャーは残念でしたね?
ブルーじゃなくてピンクさんかイエローさんなら…
と思った人、いたはずですw

今回はインセクターの続きをお出ししようと思います
お食べくださいませ





インセクター - 4 -



あれは私のMS…
量産タイプとは異なるローダーが並ぶ格納庫。
その一番端に私のMSが並べられている。
これ…
これは私が戦った…
MSの隣りには私を撃墜した巨大な角を持つ黒いローダーが並んでいる。
このローダーの前に…
MSは何の役にも立たなかった…


立っているだけなのに…
この威圧感…

フフッ…
当然ね…
MSなんかが…
相手になるワケない…



それにしても…
なんて美しい姿なの…

装甲が破られ、中が剥き出しになっている愛機を私は横目で見やった。

それに比べてMSは…

ううん…
比べるなんておこがましい…
こんな物に乗って…

イヤ…
考えたくもない…


ローダーを…

コアに…

私もコアになって…

私の中で、ローダーを操りたいと思う気持ちが急速に膨れ上がる。

これを動かせれば…

私は無意識のうちに黒いローダーの重厚な外殻に触れていた。

このローダーを…
動かすことができれば…


もし動かせれば…

どうする…

なぜか私の頭はパニックを起こし、その答えを導き出すことができない。

どうして…

簡単なこと…

じゃない…
私は…

私は…
地球連合軍のパイロットだったのよ…

ローダーを動かすことができれば…

私はようやく答えを導き出す。

ここから…

ここから…



ホントにそれでいいの…

私がやらなければならいことは…


やらなければ…
ならい…

ことは…


し…

した…

従わなければ…

私の目はビートルダーに向けられていた。


ち…
違う…

ビートルダーは…

おかしい…
やっぱり私…
おかしい…
自分が自分でないような…


大きく深呼吸した私は目を瞑り、様々なことを思い出し、自分であることを確認し、自分でいようとした。

私は地球連合軍…
極東支部所属…
MSパイロット…
柳生…
禮…
階…
級…
は…




ドルー…



インセクター…


従う…
……
支…
配…


何かが私の思考に割り込み、従わせようとしているのが分かる。

違う…

どう…
して…

やっぱり…

私は額のマインドスパイーダに触れた。

これが…

マインド…
スパイーダが…

私を…
私をおかしく…

私はマインドスパイーダが危険であることを確信した。

私が…
私であるうちに…

ここから…
脱出…

しないと…

私はMSを見やる。

あの程度なら…
まだ…

私が脱出を決意したそのとき。
≪お前に相応しいローダーを用意してある≫

私に相応しい…
ローダー…

私の…
ローダー…

頭の中に染み込んでゆくその言葉が、私の決意を簡単に捻じ曲げてしまう。
「私のローダー…ですか…」
私はビートルダーの紅い眼を見つめながらそう言っていた。
≪そうだ≫
足元の床が震え、私のMSが床の中に沈んでゆく。

MSがなければ…
私は…


そしてMSが消えてしばらくすると、漆黒の外殻で覆われたローダーがせりあがってきた。

私には…
もう…

必要ない…


to be continue …



4月1日?



今日から4月です
年が明けて3ヶ月があっという間に過ぎました

多くのTV番組が終了し、新しい番組がスタートしますが
美味しい番組があるといいですね?





インセクター - 3 -



あれは…
あの人…
私と同じ姿をしている…
ビートルダーに従い歩いていた私は、私と同じ姿をした男性とすれ違った。
首から下は私と同じ艶のある漆黒で覆われ、額に何かが張り付いている。
あれがマインドスパイーダ…
クモとしか言い表せないそれが額に張り付き、長い4対の脚で男性の頭にしがみついている。
私の頭にもあれと同じものが…
≪あれはドルーだ 人間の姿をしているが、中は我らインセクターと同じになっている≫
ドルー?…
人なのは外見だけ?…
中はインセクターって…
私はさっきまで一緒にいたアリ型インセクターが、人の皮を被っている姿を想像していた。
≪まもなくお前もあれと同じように、我らインセクターの為に働けるようになる≫
それはどう言う…
そう言えば…
ビートルダーは…
私を…
他の人と同じ扱いはしないと…
まさか…
それがドルーにってこと…
冗談でしょう…
私は地球連合軍のパイロットよ…
インセクターの為に働くわけがないでしょう…
私はまだ、マインドスパイーダで思考をインセクターに作り変えられていることに気付いていなかった。
たとえそれに気付いたとしても、私にはどうすることも出来ない。



床と天井を繋ぐ柱が何本もあり、その柱の窪みに裸にされた人たちが繋がれようとしていた。
あの人たちは何をされようとしているの…
柱に繋がれた人たちが半透明のカバーで覆われる。
するとその人たちの体が激しく痙攣を起こし、しばらくすると何事も無かったかのように大人しくなる。
エッ…
なに…
死んだの?…

カバーが外れ、柱から開放された人たちがゆっくりと動き出した。
死んでない…
良かっ…

ホッとしかけた私の目にアレが映る。
開放された人たちの後頭部に張り付く黒い物体。
耳はそれから伸びたヘッドフォンのようなもので覆われていた。
あ…
あれは…
≪ここでパラサイートを寄生させ、コアにする≫
コアにされた人たちが、アリ型インセクターにどこかへ連れて行かれようとしている。
この人たちも…
ローダーに搭載されるのね…
いまの私にあの人たちを助けることは…



ううん…
コアになって…
ローダーになって…

インセクターに管理された方が…


何も考えず…

ただ命令に従っていればいい…

悩むことも無い…

競い合い…

仲間どうし…

争うことも無い…



どうして…

どうしてあの人たちが…

羨ましい…

いつのまにか私は手を強く握り締めていた。
戦ってみたい…

私もローダーを操り…
戦いたい…

そして…

そして…
くだらない争いを繰り返す…

人類を…



エッ…
いま私…
なんてことを…

私は私の中で何かが変わろうとしている事にようやく気がつき、額のマインドスパイーダに触れた。
まさか…




ひさしぶりの?



久しぶりの月二回目の創作入り更新になりました
って作り置きのお料理ですからねww

でもこのペースを続けることができれば…






インセクター - 2 -



私はビートルダーと名乗る黒いインベーダー、インセクターの尋問を受けた。
捕虜になってしまったけど、私だって軍人の端くれ、それなりに訓練は受けている。
いくら責められても、何をされても、敵に情報を漏らしたりはしない。
けど、そのときの記憶が曖昧で、何を質問されたのか、全く憶えていない。
気がつけば、私はあの部屋から出て、ビートルダーと蟻を思わせる2体のインセクターに囲まれるようにして、彼らの巣、基地内を移動していた。
何を訊かれた…
憶えてない…
いいえ…
所属…
階級を訊かれたわ…
けど何も喋ってない…
喋るハズが無いじゃない…


どこに連れて行かれるのだろう…
私をどうする気だろう…
私が不安そうな顔をしていたのだろうか。
前を歩くビートルダーが話しかけてきた。
≪自分がどうなるのか気になるのか≫
当然じゃない…
言葉にはしなかったが、私は心の中でそう思った。
≪安心しろ、お前には興味がある 他の人間と同じ扱いはしない≫
私に興味がある?…

他の人と同じ扱いはしないって…

そう言えば…
インセクターは捕獲した人間をどうしているの…
彼らのエサにされていると噂されているけど…



乗っているムシのような乗り物が、倉庫のような場所の前で止まった。
≪降りろ≫
私はビートルダーの命令に従い、それから降りる。
≪ここはローダーの格納庫だ≫
ローダーって何よ…
なぜそんなことを私に説明するの…
そう思いながら重厚な扉をくぐった私の目に、これまで戦って来たインベーダーの姿が飛び込んできた。
ローダーってこれのこと…
インセクターも、私たちと同じように起動兵器を…
こうして見ると、私たちのMSより力強く、素敵なフォルムをしている…
これまで何とも思わなかった敵の起動兵器に見惚れていることに、私は気付いていなかった。
≪どうだ 動かしてみたいか≫
バカなこと言わないで!…
≪これは量産タイプのローダー お前には相応しくない≫
当たり前よ!…
誰が敵の起動兵器なんかに…
次々発進して行くローダーを見送りながら、奥へと続く扉をくぐる。
≪ここでローダーにコアを搭載している≫
コア?…
なによそれ…
ローダーを見上げると、開放された頭部に架けられたタラップの上で何かが動いている。
えっ?…
あれは…
人…
じゃないの…
遠くてハッキリと見えないが間違いない。
裸の男性…

女性もいる…
あの人たちは…



ガラスのような透明の板で区切られたこの部屋の前に、裸の人たちが整列して並んでいる。
誰もが一点を見つめたままピクリともしない。
この人たちがコア?…
人にしか見えないけど…
並んでいる人たちは皆、後頭部に黒い物体を着け、それから伸びるヘッドフォンのような物で耳を塞がれている。
≪捕獲した人間にパラサイートを寄生させてコアを作る≫
えっ!?…
人間ですって!!…
この人たちはインセクターじゃないの…
なんて酷いこと…
人をローダーに…
ちょ…
ちょっと待って…
それじゃあ…
私が倒したローダーを操縦していたのも…
コアにされた人がローダーの頭、ピンク色をした組織体に手足を突き刺すと、コアはローダーに取り込まれるようにゆっくりと沈んで行く。
そしてコアの姿が見えなくなり、頭部の外殻が閉じられるとローダーの眼が紅く輝いた。
≪コアの搭載が完了した≫
ローダーが動き出し、さっきまでいた格納庫に移動して行った。
人が…
人間が…
インベーダーのパーツに…
人がローダーを…
私は恐ろしい光景を目の当たりにしたが、なぜか恐怖を感じない。
それどころか、どこか羨ましい気持ちになっていた。




プロフィール

いらっしゃいませ
管理人のxsylphyxにございます

since 2006.6.10
フリーエリア

現在の閲覧者数:

創作保管庫

掲示板

web拍手を送る
カレンダー
09 | 2017/03 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログパーツ配布部屋


最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。