花束
  1. 無料アクセス解析
x only 今日はこちらを

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日はこちらを


今日は『悪の復活』をお出しします。
悪の組織アジト跡地に潜り込んだ紅子たち
果たして彼女たちの運命は!!
と、かなりワザとらしくww

一口創作を期待された皆様はスミマセンです







悪の復活  - 2 -



一方、紅子とマナは見るからに怪しい部屋、見慣れた機器が並ぶ部屋の1つに潜り込んでいた。

「ここは手術室のようね  マナ、別れて他の部屋を調べましょう」
「はい♪ 九鬼先生」

楽しくて仕方がないという笑みを浮かべたマナが通路反対側の部屋に潜り込んで行くと、紅子は通路を少し移動して、さらに下へと続く階段を探し出し、躊躇わず下りて行く。

その階にも幾つかの部屋があったが、紅子の足はある部屋の前で止まった。
入り口の上に他の部屋には無かった鷲のレリーフが取り付けられた部屋。
天井から垂れ下がったケーブルやチューブに注意しながら部屋に入った紅子は、壁一面に並んでいる様々な機器や人が入れそうなガラス管を半分にした容器を見やり、幾つかのスイッチに触れてみたが、それらは全く動く気配を見せなかった。

「当たり前よね、動くわけ無いわ」

ばそりと呟き笑みを浮かべて置いてあったファイルにライトを向けた。

「ヴィールスによる人類戦闘員化計画案?」

パラパラと頁をめくった紅子の眼の色が変わり、近くにあった椅子まで移動すると腰を下ろして、ライト片手に資料を読みはじめる。

「ライダーに阻止されたが蝙蝠怪人による人間へのヴィールス感染は――」

紅子が真剣な眼で資料を読み漁っていると頭上にある鷲のレリーフに埋め込まれたランプが弱々しく明滅しはじめた。

「人体へのヴィールス感染実験を継続、実用レベルに至る――  ――感染者は数秒から数分で完全なショッカー戦闘員となる――  しかし、ヴィールスには問題があり、空気に―― …?」

誰かに呼ばれたような、年老いた老人の声が聞こえたような気がした紅子はファイルから目を逸らして、入り口からその周囲へとライトを巡らせ、耳を澄ました。

― …キケ… ―

「誰? 誰なの!」

確かに聞こえる年老いた男の声に、紅子はその場を動かず声の主の気配を探った。

― …コエヲ キケ ―

「声を聞け そうね、そう言ってるのね。 あなたは誰なの、どこに居るの! 話を聞いて欲しいなら出て…来て…」

キョロキョロ周りを見渡していた紅子は明かりのない部屋の床に、自分の影がときおり映し出されていることに気づき、持っていたライトで頭上の壁を照らした。

「光ってる…」

― ワガ コエヲ キケ ―

「!? まさか この赤い光が…」

鷲のレリーフに埋め込まれたランプが光るたびに声は聞こえ、明かりが強くなるほど、その声ははっきりと紅子に届いた。

「鳥のレリーフが話しかけて……違う  直接、私の意識に語りかけているのね  あなた誰なの」

特に驚いた様子も見せず、紅子は冷静に向かい合う。
そして意識に直接語り掛けてくる声に答え、話をはじめた。

「秘密結社ショッカー 首領… いまそう言ったわよね」
「ホントに秘密結社ショッカーは存在したの?」
「勿論信じます ショッカーの技術を現代医学に取り込む為に、私はここに来たのよ」
「エッ!? 世界征服!!  いきなり凄いことを言うのね  そんな大それたこと、考えたこともないわ 精々、教授の座を手に入れて… エッ?」
「大学を支配して、ショッカーの拠点にするですって!! ちょ、ちょっと待って! 急にそんなことを言われても…」
「ええ 勿論、技術は欲しいわ そのためなら協力もするつもりよ けど、仮に私が教授に就いたとしても、大学を支配するまでは…」
「これを見ろ?」

レリーフの下で壁が小さく左右に開き、モニター画面が現れる。
そしてモニター画面に人をショッカー怪人に改造している模様が映し出された。

「成人男性を蝙蝠怪人に改造したときの様子ですって」

紅子は画面に近づいてじっと映像を見つめた。

「凄い… これ合成じゃないでしょうね ホントに人を怪人に改造していたのね それも数十年も前に…  今の医学はショッカーの足元にも及ばないじゃない」
「まだ悩んでいるのかですって、まさか こんなの見せられて『ノー』なんて言えないわよ   ただねぇ 私と鳥のレリーフだけでどうしようと言うの?」
「ヴィールスによる人類戦闘員化計画案? ええ、一部拝見したわ」
「この計画を実行する? それって、大学の生徒職員にヴィールスを注射しろと?  バカ言わないでよ、1人1人に注射して回れって言うの!!」
「エッ? 私が病原体になる? それは私を怪人にするってこと? 嫌よ! 怪人なんて絶対イヤ!!」
「違う? 私の体内でヴィールスを培養するだけ?」
「それもモルモットにされるみたいで、いい気分じゃないわね…」
「ヴィールスは空気に触れると死滅する ええ、そうみたいね  それで私の体内で培養したヴィールスを、どうやって人に感染させるのかしら?」
「牙? 無事に病原体になれたら牙が生える?  なるほどね ドラキュラみたいに噛みついて感染者を増やす なんか原始的な方法だけど、それだとヴィールスを培養する施設なんかも必要ないか   でも牙か… なんか怪人と変わらない気もするけど…」

紅子は怪訝な顔でレリーフを見やった。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ついにはじまりましたね!

ショッカーネタですね!
この後の展開が楽しみです。
続きの公開を楽しみにお待ちしています。

ありがとうございます

林田相丘さん
ありがとうございます~
はい! xsylphyxはじめてのショッカーモノですw
殆ど原作をみておりませんので可笑しな点が多いかと思いますが、そこはご愛嬌でww
プロフィール

いらっしゃいませ
管理人のxsylphyxにございます

since 2006.6.10
フリーエリア

現在の閲覧者数:

創作保管庫

掲示板

web拍手を送る
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログパーツ配布部屋


最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。