花束
  1. 無料アクセス解析
x only 気のせいかなぁ?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気のせいかなぁ?



先週末にインセクターの続きをお出しするつもりだったのですが

身体に異常が発生しまして、身動きできない状態に陥っていました
ようやく状態も回復し、何とか動けるようになったので…


みなさま
インセクターのお味は如何でしょうか?
少しお口に合っていない感を感じるのは xsylphyx の気のせい?
精進料理?的なテイストなのでは…
とちょこっと気になりました

やはりこちらのテイストをご希望なのでは…
と思い、こんなお料理を出してみたり





? 堕ちた天使 ?



ダークホスピタル改造外科病棟。
オペ室手術台の上に1人の女が拘束されている。
鉛色の拘束具で固定されている手足は、黒のロンググローブとロングブーツで覆われ、体にはナースが身に着ける白衣様の黒い服と、黒十字の中央にドクロをあしらったダークホスピタルの紋様が描かれたベルトが巻かれていた。


手術台の脇に立てられた点滴容器から伸びる管が首筋に繋がり、ポタポタと管の中を落ちる黒い液体を見つめる女の瞳に輝きはなく、ボソボソと何か呟いていた。

「…き…きもち…いぃ……ハィ……ワタシは……ダーク……ホスピタル…」

薄い笑いを浮かべたかと思うと、ハッと我に返り、驚いた表情に変わる。

「い、いま、私…  このクスリ…  これ以上はもう…」

黒い溶液が入っている点滴を見やる女の顔は、その薬物の所為なのか、唇と目の周囲が黒い化粧を施したように黒く染まりはじめていた。

「弱気になったらダメ! 私はナース、エンジェルナースよ! ダークホスピタルから世界を守ることが私の使命!!」

女は自分が何者なのか、自分の使命が何なのかを自身に言い聞かせるが、その意志は長くは続かない。
黒いクスリは確実に彼女の心を蝕み、彼女が少しでも気を弛めると黒い邪悪な意志に支配されていった。



数時間前、エンジェルナースはオフィス街に現れたダークホスピタルの戦闘員クランケーの迎撃に出た。
ダークホスピタルは残業で会社に残っているサラリーマンの誘拐を企てたらしく、明かりがついたビルにクランケーを送り込み、クランケーや怪人にする人間の調達を行っていた。
現場に駆けつけた4人のナースは戦闘用白衣ナーススーツを装着し、エンジェルナースに変身すると明かりがついているフロアに向かった。
戦闘員がいくら束になってもエンジェルナースの相手になるわけもなく、数分後には分かれてフロアの安全を確保していたナースダイヤ、ハート、スペードの3人が合流し、同じように任務を終えて最上階で待っているであろうナースクローバーの元に急いだ。
だが、ワンフロアになった最上階には緑のクローバーに女神が描かれたエンブレムの付いたナースキャップが落ちているだけで、ナースクローバー森山碧(もりやま みどり)の姿はどこにもなかった。



虚ろな眼で、じっと点滴容器が空になるのを見つめる碧は、邪悪に塗りつぶされてゆく意識を必死で繋ぎ止めていたが、時間の経過とともに自我を失い、邪悪に支配されることが多くなっていた。

「…ホスピタル… …ダーク… …ホスピタル…  …ダーク…ホスピタル…」
「ヌフフッ… ようやくアタシの言うことが聞けるようになったみたいだね」

いつの間に現れたのか、艶黒のボンデージファッションにコートのような黒い白衣を纏った女が、うわ言のように言葉を口にしている碧の様子を診ていた。

「…サ……サーディス…」
「違うだろう、サーディス様と呼ぶんだ! わかったかい!!」
「…ふ…ふざけないで……ワタシは…エンジェル…ナースよ… ダークホスピタルに…屈したり…しない…」

自分の顔を覗き込んでいる女、ダークホスピタル外科部長サーディスを力のない眼で睨んだ碧は、その背後で整列して立っている3体の影、黒いナースキャップにアイマスク、自分と同じ黒のナース服を纏っている女たちに眼を向けた。

「こんな物を着せて… ワタシをアレに加えるつもりでしょうけど…  そうは行かないわ…」
「チッ! これで2本目だってのにッ!!   ヌフフッ… さすがエンジェルナースだね」

サーディスが苛ついた顔で碧の首に繋がっている点滴を確認しながら、横目で碧を見やり邪悪に顔を歪ませる。

「お前たちに散々邪魔されたからね… アタシも後が無いんだよ! アタシの名誉を回復する為、エンジェルナースを倒す為にも、お前にはダークナースになってもらうよ!!」
「ダ…ダーク…ナース……それが…その人たちの…」
「ヌフフッ… そうさ、お前も着けているそれが、アタシが開発したナーススーツ  そして、お前を楽しませているこのクスリ、これがダークトリートメント 人の姿を残したまま、ダーク怪人化させる新薬なのさ」
「人を…ダーク怪人にする…クスリ…」
「ヌフフフッ… どうした、怖くなったのかい  当然のことだけど、解毒剤なんかないよ  投与された人間はアタシの命令に忠実なダーク怪人に生っちまうのさッ!」

サーディスの話を聞き、点滴容器の黒い溶液を見つめる碧の口元が小さく震える。

「クランケーやダーク怪人は移植されるダーク臓器のパルス、お前たちが言うダークオーラで、自らの位置や存在をさらしていたけどね、ダークトリートメントで怪人にされた人間は、特殊な試薬を使わない限り、発見することはおろか、特定することも出来ないんだよ   とは言え、未完成の薬なんでね ナーススーツのようなオプションを装備させないと、クランケー程度の能力でしかないけどね… ヌフフフッ」
「だ…だから…あの時…わたしが捕まったとき…ダークナースの反応が…なかったのね…」
「そうさ、ナーススーツの性能は、ナースクローバーのお前を難なく捕らえたことで証明済み  ダークトリートメントも警察や軍隊に属していた人間、正義感ではお前に負けず劣らずだった女たちが、いまはご覧の通り、アタシの従順なシモベ  ヌフフッ… 実際に打たれているお前に説明はいらなかったね」

邪悪な者に屈するものかと必死に耐える碧だったが、サーディスの話す声が頭の中に木霊し、瞳に映る妖艶な女に従わなければならない使命感が碧の心を掌握しつつあった。

「き…効いてない… こんなクスリ…効いてないわ… わたしはエンジェル…ダークホスピタルと…戦うナースよ…」

頭を振りながら抵抗の言葉をなんとか絞り出す碧。
だが焦点の定まらない虚ろな瞳が、碧の精神力が限界に近いことをあらわしていた。

「そうかいそうかい!  それじゃあ、素直になれるクスリを打ってやろうかね!!」

サーディスはダークナースが持っているトレイから青い薬剤が注入されている注射器を取り上げると、別のダークナースたちに首の点滴を取り除かせる。

「ヌフフッ… アタシに残された時間は少ないからね」

サーディスは注射器のシリンダーを押し込み、針の先から溶液を飛ばしながら、碧の首に針を近づけた。

「これはダークトリートメントの効果を促進させる薬さ これを打てば、お前の怪人化が促進され、すぐにアタシに従えるようになるだろうさ  ただ時間が無くて実験がまだだけどね ヌフフ… 失敗なら、バカになって使い物にならなくなるかもしれないけど、そのときはダーク臓器で怪人にしてやるから安心しな!」
「い…いや……や…やめて……」
「ヌフフフッ…ヤだよ  最後まで強がってみなよ! エンジェルナースなんだろッ!!」

注射針を首の血管に突き刺すと、一気にシリンダを押し込み、青い薬を碧の身体に注入した。

「い…いやァ……やめて…やめ…ウッ!」

ビクンと身体を震わせ、大きく眼を見開いた碧。
奥歯がガチガチと音をたて、口の端から白い泡と涎が滴り、突っ張られた手足がピクピク痙攣しはじめる。

「ウッ! ウゥン! ンンッ!!  ゥングン!!!」
「苦しいかい? ヌフフッ… もっと苦しみなッ!!   愉快だねぇ サイコーの気分だねぇッ! 散々邪魔してくれたウザイ、エンジェルナースがアタシのシモベになるんだからねぇッ!!」
「ン! ンッ! ンンッ!! フウンッ!!」

激しく体を揺さぶり、碧は拘束された手足を突っ張り背中を反らす。

「ヌフフッ… そろそろだね アタシが誰だかわかるね! アタシが誰で、お前の何か言ってみなッ!!」
「ンッ! ングゥゥッ! ンッ! ンンッ!!」

眼を瞑り苦しみに耐える碧の口から微かな声が漏れる。

「ンンッ! サ…サーディス… ンンンッ…あなたは…テキ… わたしの…テキ…ングッ…」
「ナッ! 何だってぇッ!!  まだ抵抗するってのかいッ!!」

サーディスはトレイの上に残っている青い薬剤が注入された注射器を荒々しく取り上げると、遠慮なしに碧の首に突き刺した。

「ギッ!」
「ヌフフッ! これでどうだい!! 壊れちまってもかまわないさッ!!  2度とそんなへらず口を叩けないようにしてやるよ!!」

さらに背中を仰け反らせた碧は口をパクパクさせるだけで、呻き声すらあげなくなった。

「ヌフフッ… どうした! 何か言ってごらんよ!!」

眼球が小刻みに動き、ときどきビクンと体を震わせて反ったままの背中をさらに仰け反らせる碧をじっとみつめるサーディスが冷たく微笑む。

「ヌフッ… ッたく、梃子摺らせるんじゃないよ!」

見開かれたままの碧の瞳が大きく広がり、中心から紅く変色しはじめると、ゆっくりと背中が元の位置に戻って行く。
大人しくベッドに横になった碧の瞳と黒目が紅く染まると、肌の色が青く、そして黒く染まりつつあった目の周りが、目元を吊り上げる黒い紋様に変わり、口元も同じように唇全体が黒く染まり、口角が吊り上げられた。

「ヌフフッ… さて今度はどうだろうねぇ  アタシが誰か言ってみな!」

腕を組み碧を見下しながら微笑むサーディスに、碧の紅い瞳が向けられた。

「…ハイ…サーディス…様です…」
「ヌフフッ… お前はアタシのなんだい?」
「ハイ ワタシはサーディス様のシモベです」
「ヌフッ ヌフフッ…」

サーディスは満足の笑みを浮かべると、自らの手で碧の拘束を解いた。
碧は機敏な動きでベッドから下りるとサーディスの前で、ダークホスピタルの基本姿勢、指先まで伸ばした右手を胸の前に水平にかざす姿勢で留まり、声高々に宣誓の奇声と言葉を口にする。

「ディッ!! ワタシはダークホスピタルに揺るがぬ忠誠を誓います ワタシはダークホスピタルに絶対の服従を誓います」

感情のない冷たい表情でサーディスをみつめる碧。

「ヌフフッ…ヌフフフッ… 気持ちイイねぇ、あのナースクローバーがいまやアタシのシモベ ダークホスピタルの怪人なんだからねぇ  ヌフフッ… これでアタシは処分されずに済むってもんだ」

サーディスは碧の顔に黒いアイマスクを装着し、黒緑色のクローバーに黒十字と銀のドクロが描かれたエンブレムが取り付けられた黒いナースキャップを被せた。

「ヌフフフッ… 今からお前はダークホスピタルの戦士、ダーククローバーだよ」
「ディッ!! ワタシはダークホスピタルのナース、ダーククローバーです」

碧がブーツの踵を鳴らし、改めてダークホスピタルの基本姿勢をとると、それに倣うように他のダークナースたちも碧の横に基本姿勢で整列する。
そのナースたちのナースキャップには黒赤色のハート、黒黄色のダイヤ、黒青色のスペードと黒十字と銀のドクロが描かれたエンブレムが取り付けられていた。

「ヌフフッ… 忌々しいエンジェルナースを抹殺  っと思っていたけど、そうだねぇ…  ナースクローバーをダーククローバーに出来たんだ 他も揃えたくなったねぇ…  ヌフッ… ヌフフッ…」

サーディスは自分のナースを眺めながら、舌先で唇を舐めサディスティックに微笑んでいた。





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

楽しませていただきました。
相変わらずいい感じですね。
ここから連鎖堕ちの始まりと言うところでしょうか。

インセクターに関しては一段落付いてから感想を書かせていただこうと思ってました。
あちらにも大いに期待しておりますー。

No title

ありがとうございます
いつものように連鎖はお客様のお好みのまま
脳内にて補完して頂こうと思うておりますwww

インセクターの方も、無理やりにでもお出しして食して頂きます!!
www

それと
内緒ですけど
『to be continue …』
『web拍手を送る』はクリックすると…
プロフィール

いらっしゃいませ
管理人のxsylphyxにございます

since 2006.6.10
フリーエリア

現在の閲覧者数:

創作保管庫

掲示板

web拍手を送る
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログパーツ配布部屋


最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。